Top > 角質が古いとにきびを悪化させている

角質が古いとにきびを悪化させている

角質が古いとにきびを悪化させているという現実にアナタはもう気づいていますか。大人のにきびってどうしてこう、同じ場所ばかりに繰り返してできるんでしょうね。
肌がゴワゴワだし化粧でカバーするにも限界があります。
割と乾燥するタイプの肌質な私はニキビケアには保湿を重視しています。
しっかり保湿はしているつもりでも、ニキビはあまり減った感じがしないし、肌のゴワゴワも良くならないんですよね。
それで、ニキビのレスキュー情報を求めて、ネットで調べてみたら、古い角質がニキビの原因になってるっていうのを見つけました。
まさしく私はこのタイプで、古い角質や皮脂などが毛穴に詰まって角質が暑くなり、毛穴を塞いでいるせいでニキビが改善しないんです。
古い角質をきれいに取り去るには、マイルドなピーリングがいいみたいです。
ピーリング石鹸がピーリングローションで、優しく古い角質を取り去り、毛穴を開かせて詰まらないようにするのが大事なんですね。
でも、ピーリングは肌が薄くなるし多少なりとも刺激があるので、多様は禁物ですね。
時々ピーリングで角質ケアをしながら、毎日きちんと洗顔して汚れを落とすのが、にきびの改善への早道だと思います。

大人ニキビが治らない スキンケアの予防効果
関連エントリー